エネルギーがチャージ

パワーストーンの合成石って何!?

古来から神秘的なパワーを持つと信じられてきたパワーストーン。
これは長い年月をかけて自然のパワーを宿してきた基本的には天然石のことを指します。

水晶やダイヤモンド、ガーネットやターコイズなどがパワーストーンで、色も形も大きさも天然の石ならではの個性的なものがあります。

近年は、身近にお手頃な値段で購入できる時代になり、パワーストーンのネックレスやブレスレットをしている人も多くなりました。
それに伴いパワーストーンの中にも合成石というものが作られるようになりました。

これは天然石の成分を真似て人工的に作られた石のことで、素人が見ただけではどちらが合成石で、本当の天然石であるのかを見ぬくことは難しいようです。

鑑定をしないと分からないくらいに合成石と天然石はとても似ていて、パワーストーンのショップなどで見ただけでは、とても見破ることはできないでしょう。
パワーストーンの中にこのような合成石が作られるようになったのは、需要が増えたからです。
大量生産ができ、さらにコストも大幅に削減できるのが合成石です。

自然の中に存在している天然石を見つけるよりも、人工的に真似て作る合成石の方が、コストがかからず、大量に生産することも可能になるのです。
そこで気になるのが、合成石にはパワーストーン本来が持つ効果がないのか!?ということです。
この合成石でもパワーストーンの効果があると認められていてますので安心して下さい。

ただやはり天然石よりも効果は劣るようですが、これは仕方がないことですね。
合成石は天然石よりも値段が安く購入できることもあり、一定の人気はあるようです。
合成石にはあとからエネルギーをチャージされているので、ある程度の効果は期待できるようです。
パワーストーンショップの店員さんい聞いてみれば合成石であるのかどうかを教えてくれるので、気になる方は合成石なのか天然石なのかを確かめてから購入してくださいね。

このページの先頭へ