エネルギーがチャージ

パワーストーンと宝石の違いって何!

世界中で最も有名な宝石であるダイヤモンドはパワーストーンの一種で、とても強いパワーを持っています。
持ち主のカリスマ性を高めたり、意思を強固にするなどの作用があります。
他にも、宝石として人気のあるルビーも持つ人のカリスマ性を高めたり、特に女性の活力アップに効果があるとされています。

このように宝石の中にはパワーストーンと呼ばれるものがあります。
しかし宝石が必ずしもパワーストーンではありません。

では宝石とパワーストーンの違いってなんなのでしょうか?

宝石は指輪やネックレス、ピアスなどのアクセサリーに使用される石で、とても美しい輝きのあるものです。
とても希少価値のある高価なもので、女性であれば誰もが憧れるものです。
宝石という定義はさまざまですが、宝石店などで販売されている石は宝石です。

パワーストーンは、その名の通り特別なパワーを持っている石のことです。
大昔から特定の石の中には特別なパワーが宿っていると信じられてきており、
お守りや魔除けなどとして用いられてきました。

長年の月日を経て石の中に自然のエネルギーを吸収してきたパワーストーンは身に付ける人に素晴らしい影響を与えてくれます。

いろいろな天然石がパワーストーンと呼ばれていますが、石の種類によって、また形や色によってもその石の持つパワー、効果が異なります。
高価なものもありますが、比較的安く購入できるものもたくさんあり、色や形なども種類豊富にあるので、これも宝石と同様にアクセサリー感覚で身に付けることができます。
手軽に購入できること、開運アップや恋愛、仕事運がアップできること、さらにオシャレとしても楽しめるグッズであることもあり、多くの人が身に付けるようになりました。
誕生石と呼ばれるものも、このパワーストーンの一種で、その誕生日ごとの宝石、石を持つことで、さまざまなパワーが得られるとされています。
宝石もパワーストーンも誕生石も微妙なところですが、若干意味合いがことなります。

このページの先頭へ